すべての工程を大切にしています。
いっしょに未来をつくるために。


こむら矯正歯科の治療の行程になります。それぞれの生活リズムに応じた治療やアドバイスを行っています。健康な歯にするために最初から最後までしっかりサポート。


「きれいな歯並びをつくる」流れ

相談

step 1
相談料として
2500円+消費税がかかります。

1週間~10日後

診断・見積もり

step 2
説明に約30分程かかります。

治療方法の決定

検証

step 3
40分程度で終了します。

治療

step 4
当院では定期的に来院できます。

保定、定期観察

step 5
年に数回の定期検診を行います。

相談


  • どうして費用(相談料2500円+消費税)がかかるの?
  • この段階から資料を採取しての「相談=診断」になるためです。レントゲンを撮影して、分析後に診断を行いますので費用がかかります。豊中のこむら矯正歯科では見た印象だけで患者様にご説明をするのはなく、セファロレントゲン写真を撮影して分析した上でご説明させていただきます。

 質問に戻る


  • どうして必要なの?
  • こむら矯正歯科では、治療前にそれぞれの個性を理解し、治療の適切な開始時期を判断するために、検査を行い、分析し、現在の状況の説明や診断を行っています。また虫歯がないかを矯正治療の前にチェックする事も重要です。

 質問に戻る

診断・見積もり


  • 診断までどれくらい時間がかかるの?/診断はどれくらい時間がかかるの?
  • 1週間~10日前後かけてレントゲンを分析し、診断を行います。診断日に診断結果と費用のご説明を行います。30〜40分程度かかります。

 質問に戻る


  • どんなことがわかるの?
  • 診断の結果、使用する装置の種類、期間と費用がだいたいわかります。 方針、期間や費用について詳細にお話しします。診断時に明細を書面でお渡ししています。

 質問に戻る

検証


  • 費用はどれくらいかかるの?
  • 検証の費用は5万円+消費税です。

 質問に戻る


  • どれくらい時間がかかるの?
  • 検証の時間は約40分ほどで完了します。

 質問に戻る


  • どんなことをするの?
  • 詳細な資料を採り、隠れた問題がないか調べます。問題がなければ 診断通りの治療を行っていきますが、問題があれば 診療方針が変わる場合もあります。

 質問に戻る

治療


  • どういったことをするの?
  • 「拡大床」だけで治る簡単なケースはあまりありません。豊中・こむら矯正歯科では「マウスピース」や「マルチブラケット」などの装置をメインに用います。また必要に応じて、補助装置も加えて矯正を行って行きます。噛み合わせが深い人、上下顎前突の人、上顎前突の人、交叉咬合の人では症状が異なっていますので、使用する装置も人によって異なります。

 質問に戻る


  • 総費用はどのくらいかかるの?
  • 豊中のこむら矯正歯科では、難症例でなければトータルで60万円を下回ります。インビザラインの場合でも開始から終了まで総額で60万円+消費税です。これは、町の歯医者として歩んできたこむら矯正歯科が、1.駅前の高いテナント費用が不要。2.テレビ広告や新聞広告は行わない。3.電話カウンセラーなどの余分な費用を掛けていない。等の理由で実現できています。

 質問に戻る

保定、定期観察


  • どんなことをするの?
  • 矯正装置をはずした後、保定装置をいれます。通常は成長が終了するまで使用します。



    ※上の写真は目立ちにくい「インビジブルタイプ」で、通常料金に5000円+消費税を追加でお選びいただけます。

 質問に戻る


  • 必要なの?
  • キレイな歯並びの「安定」した状態をつくるために重要な最終過程といえます。原則として親知らずの抜歯がすべて終了するまでは保定が必須です。

 質問に戻る

MENU

MENU